短文でラクラク暗記

スポンサーリンク
短文でラクラク暗記

badとbud

bad [ˈbad]は「悪い」、bud [ˈbəd]は「つぼみ」です。綴りの違いは、「悪い」の方は真ん中の文字が’a’、「つぼみ」の方は同じく真ん中の文字が’u’です。それでは覚え方です。badの方にある'a'は、アと読めるので、「愛犬(aいけん)」とします。budの’u’はウと読めるので、「歌う(uたう)」とします。そうすると、これら2つの英単語の違いは、意味をも含めて以下の句に読み込むことができます。
短文でラクラク暗記

farmとfirm

farm [ˈfärm]は「農場」、firm [ˈfərm]は「会社」です。綴りの違いは、「農場」の方は左から2番目の文字が’a’、「会社」の方は同じく左から2番目の文字が’i’です。それでは覚え方です。farmの方にある'a'は、アイと読めるので、「朝(aさ)」とします。firmの’i’はイと読めるので、「いい(iい)」とします。そうすると、これら2つの英単語の違いは、意味をも含めて以下の句に読み込むことが
短文でラクラク暗記

prayとprey

pray [ˈprā]は「祈る」、prey [ˈprā]は「獲物(えもの)」です。綴りの違いは、「祈る」の方は右から2番目の文字が’a’、「獲物」の方は同じく右から2番目の文字が’e’です。が、ここでは'ay'と'ey'の違いとします。それでは覚え方です。prayの方にある'ay'は、アイと読めるので、「哀悼(aiとう)」とします。哀悼(あいとう)とは、亡くなった方を悲しみいたむことですね。preyの’ey’はエイと読めるの
短文でラクラク暗記

spurtとspout

spurt [ˈspərt]は「噴出する」、spout [ˈspau̇t]は「急須(きゅうす)の口」です。綴りの違いは、「噴出する」の方は左から3番目と4番目の文字が’ur’、「急須」の方は同じく左から3番目と4番目の文字が’ou’です。それでは覚え方です。spurtの方にある'ur'は、ウルと読めるので、「うるさい(urさい)」とします。spoutの’ou’はオウと読めるので、「覆う(おou)」とします。そうすると、
短文でラクラク暗記

weldとwield

weld [ˈweld]は「溶接(ようせつ)」、wield [ˈwēldは「振り回す」です。それでは覚え方です。wieldの方にある'i'は、アイと読めるので、「相打ち(i打ち)」とします。そうすると、これら2つの英単語の違いは、相打ちがあるかどうかの違いということで、意味をも含めて以下の句に読み込むことができます。綴りの違いは、「振り回す」の方には’i'があり、「溶接」の方にはありません。
スポンサーリンク

Info

タイトルとURLをコピーしました