ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ

最新記事

カテゴリ

ページ

最新コメント

ブログパーツ


このブログパーツを持ち帰る


このブログパーツを持ち帰る

アクセスカウンタ


リンク

広告

Site search

人気ページベスト5

お薦め書籍

eclipseとellipse

eclipse[i-ˈklips]は「食(しょく)」、ellipse [i-ˈlips,は「楕円(だえん)」です。
綴りの違いは、「食」の方は左から2番目の文字が’c’、「楕円」の方は同じく左から2番目の文字が’l’です。

eclipseとellipse

それでは覚え方です。
eclipseの’c’ですが、このアルファベットは、右側が欠けた形をしています。これをそのまま、食で「欠けた」太陽だと想像しましょう。
ellipseの’l’は、ルと読めるので、こちらは「レモン(lエモン)」とします。

そうすると、これら2つの英単語の違いは、意味をも含めて以下の句に読み込むことができます。

暗記句:欠けた「食」、モンは「楕円」

eclipseとellipse2

eclipseは、正確には、単に「食(しょく)」を表わす単語なので、これだけでは日食のことなのか月食のことなのか分かりません。
どちらかはっきりさせたい場合には、それぞれ以下のようにします。

日食:solar eclipse
月食:lunar eclipse

レモン君、日食や月食と違って欠けがないものだから、「ボクは完璧さ!」とイバッていますね。
太陽も月も、普段はまんまるで、欠けている時間は短いものなので、イバるほどのことでもないと思うのですが。(笑)

ちなみに、『完璧』の「璧」ですが、「壁(かべ)」ではなくて「璧(へき)」です。
「璧」というのは、傷やひびなどのない、完全な玉の意味で、そこから「完璧」という語が生まれました。
なので、「壁」では意味をなしません。

また、このことが分かると、”ほぼ完璧”という用法は誤りであることが分かります。
何しろ、傷ひとつないのが「完璧」なのですから、「ほぼ」をつけてしまうと、矛盾(むじゅん)が生じます。
もしも間違えて覚えていた方がいらっしゃいましたら、この機会に正しく覚え直しておきましょう。

最後に、これらの英単語の意味を、文章の中で確認しておきましょう。

A solar eclipse is a rare appearance.
(日食は、まれにしか起こらない)
Total Lunar Eclipse Seen Across Japan.
(皆既(かいき)月食が、全国で観測される)
A partial lunar eclipse could be seen from all parts of Japan on the night of June 26.
(6月26日の夜、部分月食が全国各地で見られた)
Light from the light source enters into an ellipse mirror.
(その光源からの光は、楕円鏡に入射する)
Non-polygon includes circle, ellipse or oval.
(非多角形には、円形、楕円形または長円形が含まれる)
A prolate spheroid is generated by revolving an ellipse about its major axis.
(長球は、主軸を楕円に回転させることによって発生する)

上の暗記句とイラストで、eclipseとellipseの違いをしっかり覚えてしまいましょう。

masterとmuster

master [ˈmas-tər]は「名人」、muster [ˈməs-tər]は「奮(ふる)い起こす」です。
綴りの違いは、「名人」の方は左から2番目の文字が’a’、「奮い起こす」の方は同じく左から2番目の文字が’u’です。

masterとmuster

それでは覚え方です。
masterの’a’は、エイと読めるので、「英習字(a習字)」とします。musterの’u’の方は、ユーと読めるので、こちらは「勇気(u気)」とします。

そうすると、これら2つの英単語の違いは、意味をも含めて以下の句に読み込むことができます。

暗記句:習字の「名人」、気を「奮い起こす」

masterとmuster2

この度、定吉ジイさんの書いた英習字が、ダジャレ町で開催された英習字大会で「最優秀賞」に選ばれました。
が、定吉ジイさんの横には、2人の幽霊がいます。
これは一体、どういうことなのでしょうか?

実は、この字を書いたのは、定吉ジイさんではなく、その隣りにいる生前ジイさんの親友だった、柳ゆうれいさんなのです。
柳ゆうれいさんが、定吉ジイさんに憑依(ひょうい=体に乗り移ること)して、書いたものなのです。

そしてさらに、その字を書いたのは、柳ゆうれいさんではありません。
柳ゆうれいさんに憑依した、生前英習字の名人だった人なのです。

こうなると、この賞は一体誰にあげたら良いのか、分からなくなりますね。【><】

一方、パー君の方は、勇気を奮い起こしてチカちゃんに愛の告白をしています。
パー君は高校1年生、チカちゃんは中学2年生です。
2人はこれまで、仲の良い友達同士だったのですが、今日はパー君、一大決心をして、チカちゃんに自分の想(おも)いを打ち明けたのです。
アリ男君も応援していますね。

そして、その結果は、…。

うまく行ったようです。\(^o^)/

最後に、この2つの英単語の意味を、文章の中で確認しておきましょう。

He is a master of fencing.
(彼は、剣道の名人だ)
She is a master of ‘tanka’.
(彼女は、和歌の名人だ)
Goemon was a master thief.
(五右衛門は、大泥棒だった)
I have to muster up my courage!
(勇気を出さなくっちゃ!)
Muster the courage to do something.
(何かする勇気を奮い起こしてください)
She managed to muster a feeble [ˈfē-bəl] smile.
(彼女は、何とか微笑を作ってみせた)

上の暗記句とイラストで、masterとmusterの違いをしっかり覚えてしまいましょう。

lowとrow

low [ˈlō]は「低い」、row[ˈrō]は「(船・ボートを)こぐ」です。
綴りの違いは、「低い」の方は1番左の文字が’l’、「(船・ボートを)こぐ」の方は同じく1番左の文字が’r’です。

lowとrow

それでは覚え方です。
lowは、l君がo君とw君を板で「グッ!」と、低い所に押さえつけているところだと想像しましょう。
rowの方は、r君が慣れた手つきで、颯爽(さっそう)とボートをこいでいるところだと想像してください。

lowとrow2

l君、体が大きいですね。
それもそのはず、Lサイズですから。(笑)
o君とw君が2人がかりで板を押し返そうとしても、まったく歯が立ちません。
2人にできることは、舌を出すことと、歯をくいしばることくらいです。

一方のr君は、秋の気配を感じさせる涼風(すずかぜ)の中を、1人悠々(ゆうゆう)とボートをこいでいます。
r君、口笛など吹いていて、とても楽しそうですね。(^^)

最後に、この2つの英単語の意味を、文章の中で確認しておきましょう。

My voice is low.
(私の声は、低いです)
My blood pressure is low.
(私の血圧は、低いです)
He speaks in a low voice.
(彼は、低い声で話す)
I row boats.
(私は、小船を漕ぐ)
I row a slow stroke.
(私は、ゆっくりと漕ぐ)
He is able to row a boat.
(彼は、舟を漕ぐことができる)

上のイラストで、lowとrowの違いをしっかり覚えてしまいましょう。