ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ

最新記事

カテゴリ

ページ

最新コメント

ブログパーツ


このブログパーツを持ち帰る


このブログパーツを持ち帰る

アクセスカウンタ


リンク

広告

Site search

人気ページベスト5

お薦め書籍

floatとflout

float[ˈflōt]は「浮かぶ」、flout [ˈflat]は「(法律などを)破る」です。
綴りの違いは、「浮かぶ」の方は右から2番目の文字が’a’、「(法律などを)破る」の方は同じく右から2文字の文字が’u’です。

floatとflout

それでは覚え方です。
floatの’a’は、アと読めるので、「垢(aか)」とします。floutの’u’の方は、ウと読めるので、こちらは「憂さばらし(uさ晴らし)」とします。

そうすると、これら2つの英単語の違いは、意味をも含めて以下の句に読み込むことができます。

暗記句:が「浮かぶ」、さばらしに「破る」金庫

floatとflout2

タコちゃんが、風呂に入っています。
このタコは、生まれてからずっと、家族と一緒に海に棲(す)んでいたのですが、縁があって、3ヶ月ほど前にトラえもんの家にやってきました。
トラえもんの家には、既にチュー吉もいましたが、3人は初対面で意気投合(いきとうごう)し、無二の親友となりました。

が、あるとき、タコちゃんは、自分がここへ来てから1度も風呂に入っていないことに気づきました。
というより、今までは海の中にいたので、わざわざ体を洗う必要はなかったわけですね。

そこで、「よし、今日は風呂へ入ろう!」と、一念発起(いちねんほっき)したタコちゃんは、ぬるめのお風呂を沸かすと、ゆっくりとお湯につかりました。

すると、出るわ、出るわ、体からボロボロと垢(あか)が! 浴槽(よくそう)は、たちまちのうちに浮かんだ垢で真っ黒になってしまいました。

一方、おまわりさんが、交番で泥棒を取り調べています。
この泥棒は、深夜に勤務中の会社に忍び込み、金庫を破って建物を出たところを、パトロール中のおまわりさんに見つかり、ここへ連れてこられたのです。
頭からすっぽりと布をかぶり、重そうな布袋を下げた人間が、深夜に建物から出てきたら、怪(あや)しくないわけがありません。逃げようとする泥棒に手錠をかけると、おまわりさんは交番に連行し、取調べをはじめたのです。

取調べが終わったとき、おまわりさんは、この泥棒に対して、怒りの気持ちの中に同情する気持ちもあることに気づいて当惑しました。
金庫破りをした理由が、『憂さばらし』というのはいただけませんが、この泥棒が、少ない給料で奥さんと3人の子供を食べさせなくてはいけないため、切羽(せっぱ)つまって反抗に及んだことを知ったからです。

もちろん、罪(つみ)は罪なのですが…。

しかし、この泥棒、良く見ると、左腕がありません。
また、覆面(ふくめん)をしたまま取調べを受けていますね。(笑)

それではここで、この2つの英単語の意味を、文章の中で確認しておきましょう。

Will this material sink or float?
(この物質は沈むでしょうか? それとも浮くでしょうか?)
The children flouted the rules.
(子供たちは、規則を破った)

上の暗記句とイラストで、floatとfloutの違いをしっかり覚えてしまいましょう。

quiverとquaver

quiver [ˈkwi-vər]は「(小刻みに)震える」、quaver [ˈkwā-vər]は「(声が)震える」です。
綴りの違いは、「(小刻みに)震える」の方は左から3番目の文字が’i’、「(声が)震える」の方は同じく左から3番目の文字が’a’です。

quiverとquaver

それでは覚え方です。
quiverの’i’は、電動歯ブラシだと想像しましょう。iの下の長い棒が歯ブラシ本体、上の点はブラシの部分です。
quaverの’a(A)’の方は、「あ~~!」とハモるコーラス団員だと想像してください。

quiverとquaver2

電動歯ブラシ君、まさに微動という感じで、全身を小刻みに震わせていますね。
この歯ブラシを使えば、毛先に何もつけずに、ただ歯に当てるだけで歯垢(しこう)がすべて落ち、輝く白い歯になりそうです。(笑)
100円の値札がついていますが、侮(あなど)れません。【><】

一方のコーラス団員の方は、「あ~!」と声を震わせて、きれいにハモっていますね。
ただ、この団員、頭がだいぶハゲていて、髪の毛が1本しかありません。【><】
是非皆さんで、コーラス団員としての技量(ぎりょう)だけでなく、髪の毛も成長するようにハゲ(励)ましてあげてください。(笑)

上のイラストで、quiverとquaverの違いをしっかり覚えてしまいましょう。

glowとgrow

glow [ˈglō]は「輝く」、grow [ˈgrō]は「成長する」です。
綴りの違いは、「輝く」の方は左から2番目の文字が’l’、「成長する」の方は同じく左から2番目の文字が’r’です。

glowとgrow

それでは覚え方です。
glowの’l’は、明るく輝きながら燃えるろうそくだと想像しましょう。growの’r’の方は、身長測定器の稼動部(かどうぶ)-身長を測る部分だと想像してください。

glowとgrow2

ろうそくが、耿耿(こうこう)と燃えていますね。
燃えている場所は…、きっと高校ですね。(笑)

一方のアリ男君、身体検査を受けたところ、身長が去年よりも125ミクロン伸びていました。アリは、もともと体が小さいので、この125ミクロンというのは、かなりの成長幅となります。
アリ男君、大喜びですね。

実は、アリ男君が喜んでいるのは、もうひとつ理由があります。それは、身長が5100ミクロンを超えたことで、念願(ねんがん)だったアリ子さんとのデートができるからです。
以前、アリ子さんをデートに誘ったところ、

「あたし、背の低い人はキライ! 身長が5100ミクロン以上ない人とはデートしないの」

といわれていたのでした。
くわえて、今日はアリ男君の誕生日!
うれしいことが1日のうちに3つも起こり、ご満悦(まんえつ)なアリ男君なのでした。

最後に、この2つの英単語の意味を、文章の中で確認しておきましょう。

I won’t forget the glow of that moment.
(私は、その一瞬の輝きを忘れない)
The sun was setting with a deep red glow.
(夕日が、赤々と沈むところだった)
Evening glow is a sign of fine weather.
(夕焼けがすると、翌日天気が良い)
Kids grow up fast.
(子供の成長は早い)
I want to grow vegetables.
(私は野菜を育てたい)
Money doesn’t grow on trees.
(金のなる木はない)