bearとbeer

スポンサーリンク

bear [‘ber]は「耐える」、beer [‘bir]は「ビール」です。
綴りの違いは、「耐える」の方は真ん中の部分が’ea’、「ビール」の方は同じく真ん中の部分が’ee’です。

bearとbeer

それでは覚え方です。
まず、bearの’ea’を一文字ずつ読むとイーエーなので、ここは「家」と読むことにします。
次に、beerの方の’ee’は、同じくアルファベットを一文字ずつ読むとイーイーとなりますが、ここはいい! いい!(Good! Good!)と解釈し、「ほんとにいい」と読むことにします。(笑)

そうすると、これら2つの英単語の違いは、意味をも含めて以下の句に読み込むことができます。

暗記句:で暑さに 「耐え」ながら 飲むはほんとに いい「ビール」

ところで、「ほんとにいい」と言えば、アメリカに以前そういう名前の歌手がいましたね。
確か、「ホントニイー・ヒューストン」。
あっ!(゚o゚)違った。それは、「ホイットニー・ヒューストン」でした。(爆)

最後に、双方の英単語の意味を、文章の中で確認しておきましょう。

I bear hardship.
(苦難に耐える)
A 12-year-old boy took his own life because he couldn’t bear the bullying anymore.
(12歳の少年が、自ら命を絶った。彼はもう、いじめに耐えられなかったのだ)
Bear up!
(頑張れ!)
Beer, please.
(ビールを下さい)
She served them beer.
(彼女は、彼らにビールを出した)
He came to Belgium in search of the best beer.
(彼は、最高のビールを求めて、ベルギーにやってきた)

コメント

Info

タイトルとURLをコピーしました